使用に適した場面

結婚式や二次会では、来てくれた人たちを歓迎するためにフラワー電報を活用するのもおすすめの方法と言えます。また、フラワー電報を活用すれば、披露宴や二次会が終わった後、その場を立ち去る人たちに対して、花と一緒にお祝いのおすそ分けをプレゼントすることができるという利点もあります。

その一方で、カードタイプの電報など、シンプルな電報と比較して、負担する費用が高額になるのはフラワー電報のデメリットです。また、フラワー電報を利用するにあたっては、事前準備や後片付けにかかるエネルギーや時間、コストの負担が重くなるほか、贈った相手に、枯れた花を処分する必要性が生じるという問題点もあります。そして、贈った花はいずれ枯れてしまうので、もらった人が、一生の思い出になる形あるものとして残すことができないというデメリットも存在します。

とは言うものの、一時的なものであっても、美しい花を見て楽しむことができるのは魅力的です。特に、電報を贈る相手が女性である場合、華やかな印象のフラワー電報は喜ばれることでしょう。女性と花の相性が良いことは、「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」などの言い回しがあることにも表れています。