造花を用いた商品など

フラワー電報は、お祝いのシーンを華やかに演出したり、お悔やみで悲しんでいる人の心を癒したりと、幅広い用途で活用することのできるアイテムです。ただし、生花を使用する場合には、準備や片付けにかかる負担が重いほか、枯れた後の花を処分する手間暇も発生するので、注意する必要があります。

ブリザードそのような問題を解決するためには、プリザーブドフラワーを添えた電報を活用するという選択肢もあるので、チェックしてみることをおすすめします。最近では、加工した花によるフラワー電報に対応している業者も増えてきています。こちらは、生花と違って、もらった人が一生の思い出として、形に残しておくことができるというメリットがあります。

また、生花と比較して、プリザーブドフラワーの場合、事前の準備にかかる手間暇が少なくて済むので、業者に注文した後、スムーズに、スピーディーに納品してくれるというアドバンテージも存在します。電報を使用するにあたっては、行動を起こすタイミングが重要になってくるという意味でも、プリザーブドフラワー電報は利用価値の高いアイテムと言えます。

そして、フラワー電報は、電報としてのメッセージを伝える以外に、開店や引っ越しをした人などに贈るお祝いのプレゼントとして活用することも可能になります。

使用に適した場面

結婚式や二次会では、来てくれた人たちを歓迎するためにフラワー電報を活用するのもおすすめの方法と言えます。また、フラワー電報を活用すれば、披露宴や二次会が終わった後、その場を立ち去る人たちに対して、花と一緒にお祝いのおすそ分けをプレゼントすることができるという利点もあります。

その一方で、カードタイプの電報など、シンプルな電報と比較して、負担する費用が高額になるのはフラワー電報のデメリットです。また、フラワー電報を利用するにあたっては、事前準備や後片付けにかかるエネルギーや時間、コストの負担が重くなるほか、贈った相手に、枯れた花を処分する必要性が生じるという問題点もあります。そして、贈った花はいずれ枯れてしまうので、もらった人が、一生の思い出になる形あるものとして残すことができないというデメリットも存在します。

とは言うものの、一時的なものであっても、美しい花を見て楽しむことができるのは魅力的です。特に、電報を贈る相手が女性である場合、華やかな印象のフラワー電報は喜ばれることでしょう。女性と花の相性が良いことは、「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」などの言い回しがあることにも表れています。

アイテムの特徴

電報の中には、従来から存在するカードタイプのものや、ぬいぐるみをモチーフとしたデザインのほどこされた「ぬいぐるみ電報」など、さまざまな種類があります。それらの中でも、「フラワー電報」は、その名の通りに、花束を添えて贈ることのできる電報になります。これからフラワー電報を活用するにあたっては、その特徴を理解した上で実際のアクションを起こすことが大切です。

花先ほどご紹介したぬいぐるみ電報や、バルーンアートのほどこされた華やかな印象の「バルーン電報」は、その仕様の特性上、使用することができるのは、結婚式などのおめでたい場面で、お祝いのメッセージを送る時に限定されます。その一方で、フラワー電報は、お祝いでもお悔やみでも利用することができるというメリットがあります。その反面、生花を使用したフラワー電報は、カードタイプの電報などと比べて、利用するためにかかる費用が高額になるというデメリットも存在します。しかし、最近ではボックスに季節の生花を詰めてメッセージを添えて贈るボックスタイプのフラワー電報というものもあります。花を選ぶことは出来ませんが、フラワーデザイナーが手作りで四季折々の花をアレンジしてくれますので安心です。このボックスフラワー電報であれば、生花を使用しているわりに金額もリーズナブルですので参考にしてみると良いでしょう。

フラワー電報に添えられた花は、お祝いの場面を華やかに演出し、お悔やみのシーンでは悲しみに暮れる人の心を癒してくれます。それらの中でも、お祝いの場面としては、結婚式や披露宴、二次会などの時に、華やかなフラワーギフトを添えてメッセージカードを贈ることが可能です。